Co.to.hana

第15回edgeファイナルが開催されました!

第15回edgeファイナルが開催されました!

 

こんにちは!コトハナインターン生の小林です!

先日開催された社会起業家を輩出するビジネスプランコンテスト『edgeファイル』を観覧させていただきました!

実は今回コトハナはedgeの広報をさせていただいていました。

 

edgeってなに?どんなプランがあったの?という疑問にお答えすべく

当日の熱気をギュッと詰め込んでレポートさせて頂きます!!

 

 

 

12月22日 edgeファイナル会場にて

開催場所は大阪の摩天楼こと梅田スカイビル。まずは受付を済ませ会場へと入ります。

広い会場の中、真ん中に大きなスクリーンが鎮座しています。

ここから世界を変える社会起業家が生まれるんだと思うと、

ワクワクしつつもちょっぴりと緊張してきました!

▼会場の雰囲気はこんな感じです

開会の時間になり、開会挨拶が行われます。

挨拶はとても朗らかで「開会のあいさつに緊張しています!」などのざっくばらんな発言が何度も会場の笑いを誘いました。

数あるコンペティションの中でも特に観覧者と運営側の距離が近しいように僕は感じました。

 

次にみなさんお待ちかね!ファイナリストの紹介です!

4月から半年以上プランを磨き続け、厳しい審査を潜り抜けて勝ち残った6組の若者の姿がそこにあります。プランを発表する前に、ファイナリストとそのメンターとの間で今までの思い出を振り返ります。辛かったこと、頑張って乗り越えたこと、成長したこと、そのような話を聞いているうちにファイナリストが舞台の上の遠い存在ではなく、一生懸命生きている一人の人間として感じることが出来るようになりました。

審査は社会起業家、エリートビジネスマン、大学教授など

様々な経歴を持つ各界の著名人によって一人一票で投票されます。

この頃にはもう会場内の緊張はいい意味で解け、みんなファナリストのプレゼンを心待ちにしている状態になっていました。

 

そしていよいよプレゼンが始まります!

 

①中須俊治さん 株式会社AFURIKA DOGS

『京都の伝統技術を活かしたアフリカ布で、障害をもつ人の貧困問題を解決する。』

アフリカに行かれた際に障害を持つ人々を取り巻く厳しい環境を目の当たりにした中須さん。その現状を変えるが為、安定した職を辞めて世界を変える壮大なビジョンに挑みます!

②小林宏樹さん ミライジンLabo

『「技術はあるのに働けない発達障がい者」の得意を活かして自分らしく働く社会に。』

自分よりいい大学を出て素晴らしいプログラミングの知識を持ったひきこもりの方と出会った小林さん。

働き方を工夫するだけで彼らは能力を活かすことが出来ると思い、技術を持った発達障がい者と企業を繋ぐ事業を立ち上げます。

③佐道大倫さん manma place

『和歌山の子どもたちの「乱れる生活習慣」と「非認知スキルを育む機会の不足」』

夫婦で保育に携わられていた佐道夫妻。周りの大人の顔色を伺うばかりの子供が多いことを問題に感じ、より子供がひとりの人間として自立して成長できる『めぐみと森のようちえん』を立ち上げます。

 

④近重有貴さん Woman’s Laboratory

『福祉ではたらいている女性が、「安心して、ながく、はたらく」社会をつくります。』

福祉で働く女性が悩みを一人で抱えている状況を変えるために、

福祉に従事している女性同士での悩みを共有する場作りや、

育児出産で現場を退いていた福祉女性の復職支援を提案します。

 

⑤新谷友理さん おっちゃん旅行

『路上で暮らし、過酷な環境で働くおっちゃん達。もっと魅力を活かす仕事を創ります!』

日雇いの肉体労働で暮らす西成のおっちゃん達がいます。

高齢になり肉体労働に体がついていかないおっちゃん達に対して、「町のガイド」という観光産業での新しい働き方を提案します。

 

⑥武藤紗貴子さん ツナガリMusic Lab.

『音楽を通して、発達障がい児の自己肯定感を育てる』

希望を持つことが大切であると語る武藤さん。

生徒一人ひとりに合わせたカリキュラムを組むことで、

発達障がい児に音楽という手段を通して、「自分は出来るんだ!」という気持ちを育てます。

 

どれも素晴らしいビジョンを持った完成度の高いプレゼンでした。

そして最後に、今年の最優秀賞が審査員一人一票で選ばれます…!

 

 

edge15th…

 

 

最優秀賞は…

 

 

『武藤紗貴子さん ツナガリMusic Lab.

音楽を通して、発達障がい児の自己肯定感を育てる』

です!!!

今年はとてもレベルが高く接戦が繰り広げられました。

講評で審査員の一人が「最後に決め手になったのは”覚悟”ではないか」という言葉が僕の中でとても響きました。

 

 

社会をよりよく変えようとする6組は太陽の如く輝いて見えました。

 

・社会起業に興味がある。

・社会起業家と繋がりたい

・社会を変えたいけれど何をすればいいかわからない

 

ピンッと来た方はedgeのホームページを是非ご覧ください!

 

<edgeのビジネスプランコンペとは?>

NPO法人edgeが主催する「社会起業家を目指す若者のためのビジネスプランコンペ」です。2004年に始まり、これまでの14年間で約300組の若者の社会起業へのチャレンジを応援してきました

詳細はこちら → https://www.edgeweb.jp/

 

メールマガジン登録

コトハナから最新情報やボランティア情報をお届けします!

お名前

メールアドレス