Co.to.hana

ソーシャルパフォーマンス

ISSUE

地域社会 / 障がい者

ACTION

関西テレビのCSR事業の1つ、「ソーシャルパフォーマンス」のフライヤーをデザインしました。 ソーシャルパフォーマンスとは、様々な社会課題と向き合うことをテーマにした表現活動のことで、あらゆる障害や課題と向き合いながらも、自己を表現することで社会を元気にするパフォーマーに焦点をあてたイベントです。

第一回目のテーマは「手話落語」。 手話落語には声で表現出来ない分、落語を身振りや表情で表す普通の落語とは違ったおもしろさがあります。このおもしろさを伝えるため、演者さんに喜怒哀楽、感情豊かな表情をしてもらい、動きも実際の手話落語の特徴的な動きを再現してもらいました。 また、イベントの舞台となる「ステージ」をグラフィックでつくり、その上で演者がいきいきとパフォーマンスする様子を表現しています。

実施時期 2014年7月
担当分野 グラフィック / 撮影 / ロゴ / コピーライティング
クライアント 関西テレビ放送株式会社 CSR推進部
メールマガジン登録