Co.to.hana

FUKUSHIビックバン展

ISSUE

障がい者 / 雇用・人材開発 / 地域社会

ACTION

一人ひとりが当たり前に生きていくために必要な福祉の仕事。しかし、多くの団体が既存の制度に従って活動を続け、問題の本質を解決できずにいる現状があります。そこで、若者の就労支援を行うハローライフにて、現在ある福祉のイメージを覆す展示を企画・デザインしました。

今回展示で取り上げた5団体は、既存の制度や概念にとらわれず、福祉の仕事を通して自分たちの町や地域、日本をよりよくしようと取り組んでいます。そんな福祉業界の先端を行く5団体を、福祉業界に降り立った新星に見立て、会場全体を宇宙空間に仕上げました。各団体の特徴ある事業を紹介したり、福祉に生き甲斐をもって働く人の様子をインタビューや写真で紹介することで、既存の福祉のイメージを変える展示をデザインしました。

実施時期 2014年6月〜7月
担当分野 展示企画 / グラフィック / コピーライティング
主催 FACE to FUKUSHI
パートナー NPO法人スマイルスタイル
協力 大阪府「経営者・マネージャー向けコンサルティングコース」
メールマガジン登録