Co.to.hana

Osaka City farmers 〜大阪発!新しい農のカタチ〜

ISSUE

雇用・人材開発 / 食 / 自然環境 / 少子高齢化社会

ACTION

大阪市内の農家は平成26年度時点で約900世帯おり、主にキクナやホウレンソウ、100年以上前から作られてきた「大阪市なにわ伝統野菜」を栽培しています。しかし多くの市民にとって農業はあまり身近でないのが現状です。そこで今回、市内農業の現状や市内産の農産物への理解を深めることで魅力や可能性を伝えるプロモーション冊子「Osaka City farmers」を発行しました。

紙面では、大阪市の総農地面積や「大阪市なにわ伝統野菜」などの基礎知識を紹介。さらに市内の農家と、様々なカタチで農に携わる専門家が共に市内農業の今後の可能性を探った「なにわの農業塾」や、実践者の活動からノウハウや農業に関する取り組む姿勢を学んだ「農業者セミナー」で得た学びを紹介しています。



発行した冊子は大阪市内を中心とした飲食店や関係施設に配布し、市民に広く周知しています。

実施時期 2015年3月
担当分野 企画 / 編集 / 撮影 / コピーライティング
発行 大阪市
企画・制作 NPO法人Co.to.hana
発行部数 10,000部
事業名 2014年度 大阪市都市型農業振興事業
ダウンロード Osaka City farmers 〜大阪発!新しい農のカタチ〜
メールマガジン登録