Co.to.hana

SOCIAL CINEMA DIALOG

ISSUE

生活

ACTION

関西テレビのCSR事業の1つ、「SOCIAL CINEMA DIALOG」のフライヤーデザインをしました。このイベントは、社会課題をテーマとしたドキュメンタリー映画を上映し、上映後に参加者同士で映画の感想を語り合いながら課題解決に向かう場をつくるイベントです。

「観る、感じる、語り合う 未来につなぐ3時間」というコピーには、このイベントの趣旨である「映画鑑賞後に参加者同士が価値観や想いを共有することで、1人1人が社会課題に対して行動し、明るい未来へ繋げてほしい」という想いを込めています。

実施時期 2014年5月〜3月
担当分野 グラフィック / ロゴ / コピーライティング
クライアント 関西テレビ放送株式会社 CSR推進部
メールマガジン登録