Co.to.hana

「東京初!インターン生」の歓迎会を開催しました!

みなさん初めまして!コトハナ東京事務所デザイナーの柴田です。
 
 
東京事務所が始まって約3年…スタッフ4人で毎日業務に明け暮れています。
そんな中、東京にも新しい風が必要なのではないか!という意見が東京スタッフからあがり、インターン生を募集することになりました。
 
 
東京事務所始まって以来初めてのインターン生、吉谷拓人くんを迎えその1週間後には2人目となる森川サリーちゃんが加わることになりました!
2人のインターン生が加入し、東京事務所が一気に賑やかになりました。
 
 
 
【インターン生紹介】
①吉谷 拓人くん(タクちゃん):日本大学 創生デザイン学科 2年生。プロダクトデザインや建築など様々な分野を勉強中。検定や資格をたくさんもっているため、頼られることが多い。独り言が多め。(右)
 
②森川 サリーちゃん(サリーちゃん):私立共立女子高等学校 卒業。8月からアメリカの大学に進学予定。村上春樹の生き方や考え方に憧れている。物事を”考えること”が好きで将来は哲学者になることを夢見ている。(左)
 
 
 
インターン生が業務に慣れてきた頃、東京事務所でインターン歓迎会を開催しました!
大阪から代表の西川も参加し、夏の夜に熱い鍋を囲みインターン生に質問大会。大いに盛り上がりました!
 
インターン生の歓迎会ではあるのですが、買い出しはインターン生の2人と西川、東京事務所デザイナーの関森にお願いしました。
 
(歓迎される側をお使いさせるコトハナ笑)
 
インターン生と西川は初対面でしたが、やりたいことがたくさんあるタクちゃんは、西川へできることを猛アピール!タクちゃんは音楽をやっていた経験があるので、音楽を作ることができるのだとか。その他にも授業のプレゼンのためにプロ○ェッショナル風の動画を作成したこともあるそうです。
 
(タクちゃん…とても活発的で向上心溢れる少年である…)
 
そんな会話を横で聞いていたサリーちゃんも好奇心から「私も動画作ってみたい!」と無邪気に会話に参加。物事を深く考えることが好きなサリーちゃんは今まで知見を増やすことは行って来ましたが、アウトプットするということが苦手ならしく挑戦してみたかったそうです。
 
(アウトプットが苦手なのにデザイン事務所であるコトハナにインターンへ来る勇気…すごい…)
 
 
 
西川と初めて話しをしたインターン生2人。
自分のやりたいことを実現している西川から質問してもらうことで、タクちゃんは自分の持っている技術や能力をどう生かしていくかを、サリーちゃんは夢を叶えるためにどんな視野や手段が必要なのかを見つけ挑戦することをそれぞれインターン中の目標として見据えることができたのではないかと思います。
 
2人がコトハナ東京事務所でどんな仕事を通して何を学んでいくのか…
これからがとても楽しみです!!!
 
 
メールマガジン登録

コトハナから最新情報やボランティア情報をお届けします!

お名前

メールアドレス