Co.to.hana

事業報告書作成録

こんにちは。コトハナデザイナーの吉村です!
 
デザインレポートを今日からはじめてみます。
デザインの簡単な流れやこだわり、この制作物にかけた思いを
制作物のご紹介とともに、みなさんにお伝えできたらと思っています。
楽しんで読んでいただけると嬉しいです^^
 
第一弾なので、ここでわたしのデザインに入る前のこだわりについてお伝えさせてください。
わたしは制作を始めるとき、担当の方にヒアリングして、黙々と制作作業を進めるよりは、
まず現場に行ってみてその雰囲気を感じたい!と思っています。
現場に行くと、わたし自身が「こういうところもっと伝えたい!」と感じられることがたくさんあるので、
デザインのイメージがしやすくなりますし、その団体さんに似合うデザインができると考えています。
その時感じたことから、新たなコンテンツのご提案をさせていただくこともあります。
もちろん、すべての現場には色々な理由で行けないこともあるので、
その時はじっくりクライアントさんのお話をきき、細かくすり合わせをしながらデザインを進めていきます!
クライアントさんの熱い思いを聞いていると、わたしも自分ごとのように熱くなれるのです…!
 
さて、ここからが本題です!
今回ご紹介するのは、
「NPO法人 あっとすくーる」さんの事業報告書です。
あっとすくーるさんは、箕面市・高槻市を中心にでひとり親家庭の子どもたちのための学習支援をされている団体さんです。
 
 
制作期間は短かったのですが、あっとすくーるさんにもテキスト作成や確認など、
本当にたくさん頑張ってくださいました…!
 
今回の制作でわたしたちが担当したことは以下です。
・構成の提案
・デザイン提案
・撮影
・テキストのちょっとした編集
 
まずは、構成をつくって、どんな内容をどのくらいのボリュームでつくるかを考えます。
ページ物をつくるときに欠かせない、とても大切な工程なので、何度もあっとすくーるさんの担当の方と打ち合わせしながら、事業報告書の土台をつくっていきました。
 
今回の事業報告書の目的は“寄付を集めること”。
読んだ人に共感してもらい、寄付に繋げるにはどんなコンテンツが必要だろう?
あっとすくーるさんとも話をしながら、コンテンツを考え、それを視覚的にどう見せるかを考えました。
ポイントにしたことは以下の3つです。
 
・数字で見せる成果だけでなく、活動の中での変化など
の目に見えない成果で現場のリアルが伝わること。
・近年中にしたいことが明確に伝わること
・成果が一目でわかること
 
“数字で見せる成果だけでなく、活動の中での変化など
の目に見えない成果で現場のリアルが伝わること”
というのが、現場で子ども達・親御さんと関わられているあっとすくーるさんならではの大切にしたいポイントだと感じ、
子どもの成長に対する職員さんの声や、子どもの声、応援してくださっている方の声など、
リアルな声がページをめくるごとに伝わることを心がけました。
 
構成が決まればデザインです!
今回の事業報告書は、webサイトの制作に関わらせていただいてから続けての制作だったので、
「あっとすくーる 」という団体のイメージを統一できるよう、
大きな軸となるデザインコンセプトは変えず、事業報告書のためのコンセプトを少しだけプラスしました。
 
今回は撮影もあったので、現場も見させてもらったのですが、
「なんてあったかい場所なんだろう!」というのがわたしが一番の印象でした。
なんというか、大家族のような、自分の家にいるような雰囲気です。
生徒さんが大学生の講師の方と話しながら一緒にご飯を食べて授業が始まるのを待っていたり、
家や学校であったことを話していたり。勉強はもちろんですが、お兄さんやお姉さんに話すように、自然と勉強以外の相談ができたりする。そんな温かい雰囲気を伝えたいとデザインを考え始めました。
 
 
 
事業報告書って、すごく文字とページ数が多く少しお堅いイメージがあったんです。
今回は16P内にまとめるということが事前に決まっていたのですが、16Pをどんな内容・デザインにするかを考えたとき、文字は細々あるんだけれど読み進めたくなる、各ページにメリハリのある雑誌のようなデザインにしたいと思いました。
 
 
その名も「ATTO REPPORT」デザインに合わせてタイトルも提案させていただきました。
わたしが伝えたかった”あったかい、自分らしくいられる雰囲気”は文章だけでは伝えきれないと思い、
そこにいる人の表情、その場の空気感が伝わるように写真もたくさん使っています。
写真があることで読む人の心をグッと引き寄せられる気がします!
 
 
 
デザインのこだわりは各ページに。
ページをめくるたびにわくわくできるよう、
タイトルや数字のデザイン、レイアウトも工夫しました。
 
 
 
真面目な雰囲気も残しつつシンプルなデザインなのですが、
あっとすくーるさんの雰囲気に合うよう、ポイントでドットを使うことで少しポップなイメージを追加しました。
 
デザインを詰める段階でも、わたしたちが考えるコンセプトや伝えたい雰囲気に
ズレがないかを何度かあっとすくーるさんに確認していただきます。
少しずつ修正をしながら完成までバタバタしながらもじっくり詰め、ベストなものを目指しました!
 
完成した時は本当に胸が熱くなりますし、
これからのあっとすくーるさんの活動にこの事業報告書がどんな変化をもたらせるだろうと考えるとどきどきわくわくします。
 
事業報告書は、あっとすくーるさんの活動説明会などで配布されています。
ぜひ、機会があればお手にとってご覧ください!
 
NPO法人あっとすくーるさんwebサイト▶︎https://atto-school.com
NPO法人あっとすくーるさん運営の塾サイト▶︎http://watarijuku.com
 
 
メールマガジン登録

コトハナから最新情報やボランティア情報をお届けします!

お名前

メールアドレス