Co.to.hana

高校1年生が北加賀屋の魅力をご紹介!

いつもお世話になっている、兵庫県・尼崎市の高校「百合学院高等学校」の学生さん2名が、3日間のインターンシップに来てくれています。

 

デザインや環境問題、障害者雇用の問題に関心があるそうで、コトハナが行なっている事業全体の説明や、デザインを行なっている団体さんのお話、北加賀屋の街の紹介をさせていただきました。

ミッションとして、2週間前に完成したばかりの「北加賀屋CHAOS MAP」を持って北加賀屋の街を歩き、面白かったところ、感じたことを2人でレポートしていただきました。

初めて歩くCHAOSな街で、発見や驚きがあったようです。

 

///////////////////////////////////

まず最初に、北加賀屋みんなのうえんにいきました。

40年くらい空き地のままだったけど周りの人達で耕したり育てたりしていると聞いてすごいと思いました。

中には入っていないのですが、みんなのうえんの近くにある千鳥文化を見に行きました。

そこは、みんなのうえんのすごく近い所にあるので賑わいのある通りになると思います。

昔は、店舗兼労働者の住宅として使われていた文化住宅の建物をコミュニティスペースとして使っています。

今後もいいスペースにしていってほしいと思いました。

 

その後北加賀屋パークというまだ計画中のところだけど電車が置いてあって、住宅街の一角にこんな公園があったらいいなと思いました。

 

その次に、壁絵を3つ見つけました。

工夫されていたのはロボットのアートで、送水口がロボットのアートになっているなんてすごく面白いと思いました。身近にあるものでもデザインで面白くできるのでそこがすごく興味深いです。他にも、壁絵を3つ見つけました。一つ一つすごくよく出来ていていいなと思いました。

 

自分が北加賀屋の街を歩いてみていろんなところにクリエーターの方が書いたアート作品があって見つけた時に嬉しい気持ちになったのですごくいいなと思いました。

自分の住んでいる所にもアートスッポトがあったら楽しそうだと思いました。

メールマガジン登録

コトハナから最新情報やボランティア情報をお届けします!

お名前

メールアドレス