Co.to.hana

未来をつくるソーシャルデザイナーに / 事前説明会あり [ 8/9,24 ]

 

 

 

ソーシャルデザインの「マインド+実践知」を学ぶ

短期集中型の実践プログラム

 

あなたにとっての大切な人。そんな距離感にいる人の困りごとや課題から始まるのがソーシャルデザイン。企業、NPO、行政、市民、など問わず日本全国で様々なアクションが生まれています。

 

一方で課題解決に向けたアクションをしてみると、「始めてみたけれど、次の打ち手が見えてこない」、「独学でやってきたけど、このままでいいのだろうか」という実践ならではの壁にぶつかることも。

 

そこで、このプログラムでは、ソーシャルデザインの最前線で活躍するゲスト陣による特別講座を通して、現場の課題解決に必要な「実践知」とその前提となる考え方としての「マインド」を学びます。

 

加えて、学びを自分の仕事や現場に活かすために地域コーディネーターやデザイナーと共に、各地域課題の解決に取り組む「演習」にもチャレンジ。

 

未来をつくるソーシャルデザイナーの1人としてあなたも共に一歩を踏み出しましょう。

 

 

こんな人にオススメ

・地域の困りごとや課題解決に取り組んでいる人、あるいは、これから関わりたい人

・企業活動をソーシャルアクションにつなげる方法を模索している人

行政職員NPOスタッフとして中間支援的な活動に取り組む人

・自分の仕事や活動にデザインの考え方を活かしたい人

未来をつくるためのソーシャルデザインをこれから学びたい人

 

 

講師陣

永田宏和(Nagata Hirokazu)

 

株式会社iop都市文化創造研究所 代表取締役/NPO法人プラス・アーツ 理事長/デザイン・クリエイティブセンター神戸【KIITO】副センター長

企画・プロデューサー。1993年大阪大学大学院修了後、株式会社竹中工務店入社。2001年、まちづくり、建築・アートの3分野を柱とする企画・プロデュース会社「iop都市文化創造研究所」を設立。2006年「NPO法人プラス・アーツ」を設立後、アートやデザインを導入した新しいカタチの防災教育プログラムを多数開発し、国内外で展開。2012年にはデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の副センター長に就任し、「+クリエイティブ」をコンセプトに、神戸市、地元企業と協働しながら様々なジャンルの社会課題解決に取り組む。

主な企画・プロデュースの仕事に、都市キャンペーン型アートイベント「水都大阪2009・水辺の文化座」、楽しく学ぶ防災訓練プログラム「イザ!カエルキャラバン!」(2005年~)、災害時に必要な技が体験を通して学べるキャンププログラム「レッドベアサバイバルキャンプ」、子ども対象の創造教育プログラム・子どもがつくる子どものための夢のまち「ちびっこうべ」(2012年~)、男性高齢者の社会参画と生きがいづくりを目的とした「男・本気の料理教室」(2015年~)、地域の多世代交流のためのプラットホーム「ふれあいオープン喫茶」(2011年~)、使われなくなった街区公園再生プログラム「仮設のピザ釜がある公園」(2016年~)、神戸市のシビックプライドプロジェクト「BE KOBE」(2017年~)、などがある。個人として、『第6回21世紀のまちづくり賞・社会活動賞』受賞、団体として、『第14回防災まちづくり大賞消防科学センター理事長賞』、『第1回まちづくり法人国土交通大臣賞【まちの安全・快適化部門】』、国際交流基金『地球市民賞』受賞。

特別講座「+クリエイティブでプログラムの魅力を高める」

 

 

西村勇哉(Nishimura Yuya)

 

1981年大阪府池田市生まれ。大阪大学大学院にて人間科学(Human Science)の修士を取得。人材開発ベンチャー企業、公益財団法人日本生産性本部を経て、2008年より開始したダイアログBARの活動を前身に、2011年にNPO法人ミラツクを設立。未来構想・コンセプトの設計を共に生み出す未来社会デザインのアプローチを用いた未来起点による大手企業の新規事業開発の支援や未来潮流の探索に取り組む。 国立研究開発法人理化学研究所未来戦略室 イノベーションデザイナー、関西大学総合情報学部 特任准教授、大阪大学COデザインセンター 非常勤講師、京都精華大学 非常勤講師

特別講座「未来をつくるリサーチデザイン」

 

 

廣水乃生(Hiromizu Norio)

 

サステイナビリティ戦略クリエイター。「2030SDGs」公認ファシリテーター。持続可能な社会を推進する人たち(企業や個人かかわらず)が加速する戦略を共にクリエイトしている。「2030 SDGs」ワークショップも学び啓蒙だけでなく、持続可能な活動がさらに増えたり加速したりするデザインをプロデュース中。東京学芸大学大学院教育学研究科修了。(2009~現在)パタゴニア日本支社戦略ファシリテーター、(2009~2011)国連ESD認証エコビレッジデザインエデュケーション講師兼ファシリテーター、(2011・2012)脱原発世界会議全体コンセプトデザイン&オーガナイジングファシリテーター、(2019~現在)一般社団法人エシカル協会戦略クリエイター

特別講座「SDGsを仕事につなぐトランスフォームデザイン」

 

 

丸毛幸太郎(Marumo kotaro)

NPO法人Co.to.hana コミュニティデザイナー。まちづくり、教育、福祉、など様々な分野で、プロジェクトデザインや伴走支援、ファシリテーション等による「コミュニティの力を活かした社会課題の解決」に取り組む。2017年からCo.to.hanaに合流。地域の大人がマイプロジェクトを生み出す「ひとしごと実践講座」、分野・セクターを超えたコレクティブ活動創出のためのプラットフォーム「TUMUGUBA(ツムグバ)」、高校生が身近な課題からソーシャルプロジェクトをつくる「ソーシャルイノベーションハイスクール2018」などのプロジェクトを担当する。

特別講座「人を巻き込むコミュニティデザイン」

 

 

概要

期間:9月7日(土)-12月21日(土)

場所:公益財団法人 都市活力研究所 セミナールーム

住所:大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

定員:25名(選考があります)

参加費:20,000円(全8回分)

 

対象

・18歳以上50歳未満

・すべての講座・演習に参加する意志のある方

 ※ 受講できない日程ある場合でも申込・受講していただけます。その場合は申込時にお伝えください。

 

申込方法

・①~⑥の内容を記載の上、申込先(info@cotohana.jp)までご連絡ください。

 ①お名前、②ご所属、③仕事内容、④メールアドレス、⑤連絡先(電話)、⑥志望動機

*個人情報の取扱についてはこちらをご覧ください

 

申込締切

・締切 8/28(水)

・選考結果発表 8/30(金)

※メールで結果を通知します。

 

選考方法

・「志望動機」「受講日程」をもとに選考いたします。

 

 

主催:公益財団法人都市活力研究所、NPO法人Co.to.hana

お問い合せ:NPO法人Co.to.hana Tel : 06-6654-8830 Mail : info@cotohana.jp

 

 

____________________

 

 

プログラム内容

 

Session1:キックオフミーティング

【日程】9/7(土)13:00-17:00

【ファシリテーター】NPO法人Co.to.hanaスタッフ

 

Session 2:+クリエイティブでプログラムの魅力を高める

【日程】9/21(土)10:00-17:00

【講師 】永田宏和さん

社会課題を解決する活動を生み出すということは、クリエイティブな活動をデザインすることでもあります。ここでは、日本全国で取り組む実践事例やソーシャル・デザインにおけるフィロソフィーから、クリエイティブな活動を生み出すための視点やステップをワークショップを通じて学びます。

 

Session 3:人を巻き込むコミュニティデザイン

【日程】10/13(日)10:00-17:00

【講師】丸毛幸太郎さん

どのように人を巻き込むのかは、コミュニティづくりに取り組む上で、最も大切なことです。ここでは、活動のフローから、ワークショップや話し合いの進め方、活動をマネジメントする上でのポイントまで、現場で活かせる具体的なデザインの仕掛けと仕組みについて学びます。

 

Session 4:SDGsを仕事につなぐトランスフォームデザイン

【日程】10/19(土)10:00-17:00

【講師 】廣水乃生さん

今の時代の仕事に欠かせないのが「SDGs」という考え方。ここでは、体感型のワークショップや世界的アウトドアメーカーでの実践事例などから、SDGsという考え方や、それが私たちに与える影響、そして仕事で実践するためのストラテジーなどについて学びます。

 

Session 5:未来をつくるリサーチデザイン

【日程】10/27(日)10:00-17:00

【講師】西村勇哉さん

未来に向けたアクションには、その前提となる「知見」が必要です。ここでは、未来思考やオープンイノベーションの考え方を基盤とした、質の高い知見を得るためのリサーチの視点と手法を学びます。

 

Session 6:フィールドワーク準備

【日程】11/2(土)10:00-17:00

【ゲスト】各地域のコーディネーター

【ファシリテーター】NPO法人Co.to.hanaスタッフ

3つのエリア(兵庫県尼崎市、大阪市浪速区、大阪市住之江区)に分かれて、各地域の課題を解決するプランを実際にデザインします。まずは、各地域コーディネーターからエリアの現状をヒアリング。それを踏まえて、フィールドワークに向けたリサーチ計画をつくります。

   |

   |

 (各チームでフィールドワークを実施します)

   |

   |

Session 7:中間発表

【日程】11/30(土)13:00-17:00

【ファシリテーター】NPO法人Co.to.hanaスタッフ

各チームが現状を共有し、ブラッシュアップをしていきます。

   |

   |

 (追加リサーチ、発表準備、に取り組みます)

   |

   |

Session 8:最終発表

【日程】12/21(土)10:00-17:00

【ゲスト】各地域のコーディネーター

【ファシリテーター】NPO法人Co.to.hanaスタッフ

地域コーディネーターや地域の協力者を招いてプレゼンテーション、及び講評を実施します。

 

 

全体スケジュール

8/9 事前説明会@OBPアカデミア

8/24 事前説明会@都市活力研究所

8/28 申込締切

8/31 参加者確定

9/7 初日(キックオフ)

12/21 最終日(最終発表)

 

____________________

 

SMD事前説明会

 

(1)SMD事前説明会@OBPアカデミア
日時:8/9(金)19:30-21:00
場所:OBPアカデミア セミナールーム
住所:大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21 MIDタワー9階
     
(2)SMD事前説明会 @都市活力研究所
日時:8/24(土)10:00-11:30
場所:公益財団法人都市活力研究所 セミナールーム
住所:大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC7階

 

説明会内容
プレセッションや概要説明などを通して、プログロムの全体像をご紹介します。受講を検討している方はもちろん、ソーシャルデザインに興味がある方や、各講師に関心がある方なども、ぜひご参加ください。
    
    
参加費

無料
    
    
申込方法
①申込フォームからの場合
https://forms.gle/aiNwGsDbcfXDYGtm9
    
②メールからの場合
お名前、ご所属・職業、メールアドレス、参加日程を記載のうえ、info@cotohana.jpまでご連絡ください。

*個人情報の取扱についてはこちらをご覧ください
    
     
ファシリテーター
丸毛幸太郎(Marumo Kotaro)/NPO法人Co.to.hana コミュニティデザイナー。
    
     
その他
・両日とも同じ内容です。

 

facebookページ

Social Mirai Design 事前説明会

____________________
     

関連リンク

・SMD公式facebookページ

Social Mirai Design

 

 

 

 

運営団体

NPO法人Co.to.hana(企画・運営)

デザインで課題解決に取り組むNPO法人です。たくさんの問題を抱える社会の現状に対して、課題の本質を探り必要に応じた解決方法で明るい未来をカタチにしたいと思っています。デザインには、人に感動を与える力がある。社会にムーブメントを起こす力がある。人を幸せにする力がある。デザインの力を信じ、個人、団体、企業、行政のみなさまと力を合わせ、地域や社会、世界の課題解決に取り組んでいきます。

ホームページ:https://cotohana.jp

 

公益財団法人 都市活力研究所(研究)

大阪を中心に関西の都市活力を向上するために、「ライフサイエンス」「イノベーション・エコシステム」「まちづくり」の3つを中核領域とし、産学官の交流・連携の促進、人材育成・教育研修に関する事業、調査・研究に基づく提言等の活動を行っています。

ホームページ:https://urban-ii.or.jp

メールマガジン登録

コトハナから最新情報やボランティア情報をお届けします!

お名前

メールアドレス