Co.to.hana

となりのかいご ブランディング (ロゴ/名刺/web/年賀状/動画)

ISSUE

医療

ACTION

家族介護による虐待を防ぐため、50万通りの家族孝行を一緒に考える、NPO法人となりのかいごのブランディングを担当させていただきました。 問題構造・理念の整理から関わり、「となりのかいご」という言葉を、団体名としてだけでなく「周りを頼ってチームで行う介護の形」を示す言葉として認知させていくことがポイントとなりました。

<ロゴーマーク>  「頼る」という最も重要なメッセージを、手をあげる様子をモチーフにしたシンプルなアイコンで表現しました。

<WEB>集客ツールではなく当事者とのコミュニケーションツールとして情報発信を行うために、黒い枠を全体のキービジュアルとして展開し「となりのかいごが発信するの情報」というイメージの定着を図りました。素敵な家族介護の事例を紹介する企画『50万通りのとなりのかいご』や、視聴者の悩みに答えるラジオ(ポッドキャスト)など、様々な切り取り方での発信に挑戦しています。

<名刺> スタッフの名刺としてだけでなく、一般の人が「となりのかいご」を紹介するために使えるメディアとしてデザインしました。WEBで用いた黒い枠を引き継ぎ、名前だけでなく、代表の著書やWEBのコンテンツを紹介する情報も掲載しています。

<年賀状>前年度に引き続き、となりのかいごのミッションを漫画で表現しました。新しいビジュアルを初めてお披露目するタイミングだったので、イラストのテイストもWEBサイトと統一しています。

<動画>工場のラインなど、介護セミナーの機会が少なく介護の情報を得にくい方々へ向けた動画を制作しました。「介護生活が始まったら一緒に住む」「食事のサポートなどは家族で分担する」など、一見正解だと思ってしまう行動を『カイゴのゴカイ』として打ち出しています。

 

実施時期 2020年1月
担当分野 ブランディング/グラフィック/ロゴ/ウェブサイト 
クライアント NPO法人となりのかいご
WEB https://www.tonarino-kaigo.org
メールマガジン登録

コトハナから最新情報やボランティア情報をお届けします!

お名前

メールアドレス